肉盛硬度測定表をご説明します。

YAGレーザー溶接

イメージ

高度な技術

金型制作経験者にて施工を行い、お客様に高い評価を頂いております。
一般的な溶接から髙難度の溶接まで、是非一度ご相談ください。

弊社は2005年より、中四国、九州地区初のYAGレーザー専門溶接会社として、肉盛補修及び溶接を行っており、全国各地から多くのお客様にご愛顧いただいております。 当社の溶接担当者は金型製作経験者(国家技能検定仕上加工1級、機械加工1級資格取得者)が施工担当しております。 金型製作を経験した作業者の溶接は多数の成功例でお客様に高い評価を頂いております。 一般的な溶接から超微細部分、リブ底や深穴、多量盛、難材質など高難度の溶接まで、是非一度ご相談ください。 コネクタのような微細な物から、大型金型、機械部品(tonクラス)まで幅広く対応します。

カメラ鏡筒ヘリコイド折損部分をφ0.1㎜溶接線材で肉盛(材質STAVAX)

客先へレーザー溶接機を持ち込んで溶接。(出張溶接)

重量2ton金型肉盛溶接。

材質は母材、溶接材料共にSTAVAX

日本刀や刃物の肉盛溶接、オブジェ製作を行っております。

通常の肉盛溶接以外に薄板板金、小径パイプなどの接合溶接、色物と呼ばれる非鉄金属系の肉盛溶接、日本刀や刃物の肉盛溶接、オブジェ製作にもレーザー溶接機を活用しています。

レーザー肉盛によるオブジェ製作 左端は米粒

日本刀の肉盛溶接。

その他、瀬戸内クラフトに出来ること。

出張溶接(お客様の所へレーザー溶接機を持ち込んでの溶接対応)
日本及びドイツ製の高品質、多種類の溶接材料を使用し、多くの材質に対応出来ます。